↓処分する予定だったピアノがこんなに高く売れるの!?

古くなったピアノを再生させる方法

世界の中でも日本は、ピアノの所有率が高いと認識されており、今の日本国内に流通しているピアノは
1000万台もあるようです。総務省統計局によって1999年に行われた全国の消費量の調査である
「耐久消費財、県別普及率」を見てみると、その当時のピアノは全国平均にたいしてなんと
25.2%にものぼり、4つの家庭に対して1台というかなりの普及率でした。

 

このことから、ピアノの販売台数はとてもおおく、新品のピアノならばだいたい5万台、
中古のピアノはだいたい2万台とかなりの量が販売されていました。
販売台数は合計で7万台にものぼります。

 

しかし、販売台数に対して実際には使われなくなったピアノも多数存在しています。
そのピアノは「休眠ピアノ」呼ばれ、全体の販売台数に対して7割あるようです。

 

そこで休眠ピアノを再び使えるようにする方法を紹介したいと思います。

 

◆休眠ピアノを再生します◆

 

長い間、ピアノが使われなった場合、もともと持っていた機能は失われてしまいます。
しかしピアノはもともとしっかりと作られているために、適切な処置をして機能を再生することが
できます。ピアノ業者はこの休眠ピアノを再生して販売しています。
以下では実際にその手順を紹介します。

 

1.鍵盤を分解します

 

最初にピアノの本体から鍵盤を取り外します。

 

2.本体をきれいに掃除します

 

ピアノの本体を分解したら、内部は汚れています。
ゴミやほこりは本体をきれいにするために取り去ります。
古くなっている部品もあるの思うので、新しいものへの交換をします。

 

3.鍵盤を磨きます

 

取り外した鍵盤を一つずつ磨きます。この作業は丁寧に行います。
完了したら再びピアノに組み込みます。

 

4.傷のケアをします

 

ピアノの表面には傷あります。磨いたり塗装をしたりして
目立たないようにします。

 

5.メーカーや鍵穴をきれいにします

 

次に、鍵盤のふたに書いてあるメーカーの名前や鍵穴をきれいにします。
きれいにするために研磨を行います。

 

6.ペダルをきれいにします

 

ペダルの研磨をします。ペダルの素材は金属です。金属は年数を重ねると
劣化をし、さびが目立ってきます。しっかりと研磨をし、再び光沢をよみがえらせます。

 

7.外装をきれいにします

 

やはりピアノはつやがあるときれいです。表面につやをもたせるために
ワックスを利用します。
また、ワックスではなくコンパウンドを利用する業者もあります。

 

8.調律と使い心地を調整します

 

最後にプロがメンテナンスを行います。ピアノの状態をもとの良い状態へ戻します。

 

◆ピアノの買取は早めが良いです◆

 

休眠ピアノは以上のような方法で再生することができます。
しかし、プロ以外の方が再生することはまずできません。ピアノは弾いていなくても少しずつ調子が悪くなります。
また、使用素材も天然の素材が使われています。温度や湿度の変化には敏感です。
ピアノを使っていないことに気が付いたら、すぐに買取を申し込むことをお勧めします。

ピアノを一番高く売るなら、ズバットピアノ買取比較で一括査定

ピアノを最高値で売るためには、何より複数のピアノ買取業者の査定を受けることが必要です。
でも、複数の業者に査定の依頼をするのは面倒ですよね?

そんなときに便利なのが以下の「ズバットピアノ買取比較」というピアノ無料一括査定サービスです。

厳選された複数のピアノ買取業者に一度の入力で一括して査定の依頼ができます。

累計18万人以上の利用実績があり、業界でNo.1のシェアを誇るサービスなので安心して利用できます。
(参加ピアノ買取業者、利用者数とも国内No.1の実績)

手間をかけずに、ピアノを一円でも高く買取してもらいたなら、
以下のズバットピアノ買取比較サービスを利用するのが一番です。